ヘアドライヤーと健康な髪の関係性

美しい髪の毛を育てるコツ

温風だけを使わないように

ドライヤーからは、温風が出ます。
温風を髪の毛に当てると水分を拭き飛ばし、乾かせるという仕組みですが、温風を当てすぎると髪の毛を傷つける原因になるので気を付けてください。
そこで、温風を当てる時間を短くしましょう。
最初はすばやく髪の毛を乾かすために、髪の毛全体に温風を当ててください。
しかし大体が乾いたら、今度は温度を下げることをおすすめします。
そして最後に冷風を当てると完全に髪の毛のキューティクルを閉じ、これ以上ダメージを受けることを防げます。

さらに健康な髪の毛を育成するためには、頭皮環境を改善しなければしけません。
例えば頭皮が炎症していたり、毛穴に汚れが詰まったりしていると、丈夫な髪の毛が生えません。
細くて弱い髪の毛ばかりになったり、そもそも生えずに薄毛が進行したりします。
そこで髪の毛を洗い終わったら、頭皮を乾かすことを優先しましょう。
髪の毛が乾いても頭皮が濡れているなら、何も意味はないと忘れないでください。

さらにマイナスイオンが出るドライヤーなら、髪の毛に潤いを与えられます。
髪の毛の内部に潤いを与えることが、健康的で綺麗な髪の毛の育成に欠かせません。
ですからこの機会に、自分が今まで使っていたドライヤーを見直してください。
ちなみに安いだけのドライヤーは風量が小さかったり、マイナスイオンが出なかったりするなどのデメリットが多いです。
ケアにはあまり向いていないので、価格だけで判断しないでください。